思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビの違いはこれ!

思春期ニキビ,大人ニキビ,違い

 

ニキビというと、10代の思春期の頃に悩ませるものだというイメージがありますが、大人になってもニキビはできてしまいます。

 

しかも大人ニキビはなかなか治りにくいし同じ場所に繰り返しできることが多いのです。思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビにはどんな違いがあるでしょうか。

 

まず思春期の頃にできるニキビの原因は過剰な皮脂の分泌です。これは、思春期特有のホルモンバランスの変化で、一時的に男性ホルモンが多く分泌され、皮脂の多い肌の状態になりやすいためです。

 

一方大人ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れ、偏った食生活やストレスなどが挙げられます。思春期を過ぎて治まっていた皮脂がこのようなことが原因でバランスを崩し、大人ニキビを作りやすくしてしまうのです。

 

大人ニキビは生活の乱れが原因の場合が多いため、再発しやすく一度できてしまうと
なかなか治りにくいのです。ニキビができてしまったら一度自分の生活を見直してみるといいかもしれません。

 

また、過剰に分泌された皮脂を抑えなければなりません。

 

ナッツやチョコレートなどはニキビをできやすくしてしまう食べ物です。
これらや脂っこい食べ物は控え、ビタミンCやBを多く摂るように心がけましょう。

 

 

思春期ニキビ,大人ニキビ,違い