インナードライ肌ってなに?

インナードライ肌ってなに?

インナードライ

 

インナードライ肌とは最近増えている肌トラブルで、混合肌とよく間違えられています。

 

このインナードライ肌は、一見脂性肌のようですが、肌の内部が乾燥しているという状態のことです。

 

なぜ、肌の内部のみ乾燥してしまうのでしょうか。
肌の内部が乾燥していると、肌は水分が足りないのを補おうと脂質の分泌を活発にします。

 

すると表面は脂質で覆われるため、見た目は皮脂の多い肌になるのです。

 

しかしいくら表面が脂で覆われても、内部はカラカラのままなので、水分が足りない状態は変わりません。これでは脂質と水分のバランスがとても悪いので肌トラブルも多くなってしまいます。

 

インナードライ肌になってしまうと、見た目は脂っぽいので自分では脂性肌の状態なのだと誤解しがちです。間違ったケアをし続けていると、インナードライ肌は改善されないどころか肌の状態が悪化してしまうこともあるのです。

 

インナードライ肌に必要なものは水分の潤いです。

 

テカリを抑えるためにさっぱりタイプの基礎化粧品を使っている人も多いと思いますが、
スキンケアはしっとりタイプで水分を逃がさないようにすることをオススメします。

 

しかし、表面の脂質は多い状態にあるため、油分の多いスキンケアは注意が必要です。
乳液やクリーム類は控えめにし、その代わりに水分を肌に与えるため、化粧水はたっぷり付けることが大切です。

 

自分はもしかしたらインナードライ肌かも…と思った人は水分を与えてあげるスキンケアをしてみてください。肌のバランスが保たれて改善するかもしれませんよ。

 

 

インナードライ